北海道発国内旅行・海外ツアーブログホーム > 旅行日記

スリーエススタッフの旅行日記:ブログ

~行ってみ「たいわん」~

掲載日時:2009年8月20日 [アジアシティ, 旅行日記]

千歳から直行で行ける海外と言えば…。
グアム、ソウルと思い浮かべる人が多いと思います。真っ先に台湾!という人は残念ながら少ないのではないでしょうか。

実は、私もその1人でした。「へ~。台湾ね~。」と、さほど台湾に興味がなかったというのが本音です。
ところが。いざ自分が行ってみると、それはそれは魅力的な街であることがわかりました。

故宮博物館や中正紀年堂、九イ分や淡水観光などなど、一度に満喫出来ないほどです。
できれば全てを紹介したいのは山々ですが、それでは何日もかかってしまいますので、
とりあえず人間の三大欲でもある「食べ物」を紹介したいと思います。
やはり一番行ってもらいたいのは、どのガイドブックにも掲載されているであろう有名なかき氷店、
「冰館(Ice Monster)」(住所:台北市大安区永康街15号)です。食い倒れの街=永康街にあり、
街中の至る所に美味しそうなものがありますが、ここに寄らなきゃ損です。おすすめは、断然マンゴーのかき氷。
氷かマンゴーかわからないくらいたくさん乗っているらしいです。
らしいです…というのは、あいにく私が行った時期はマンゴーのベストシーズンではなく、
マンゴーかき氷は食べれなかったのです(泣)でもベストシーズンでなくても大丈夫です。
マンゴー・キウイ・いちごの三色かき氷があります。ちょっとした気分を味わえます。
これもまた美味しかった。ただ…やっぱり全部がマンゴーを食べたい!!
そんなお客様には、10月までに台湾に行くことをお勧めします。
日本で食べるマンゴーとは比べ物にならないくらいおいしいですから。しかも安い!宮崎のマンゴーなんて目じゃないですよ。

店頭でご旅行のご相談・お申し込みの際は、こうした現地の情報もお伝えしておりますので、

お気軽にお問い合わせください。

私のおすすすめスポット!カナダ バンクーバーのイングリッシュ・ベイ

掲載日時:2009年8月20日 [アメリカ・カナダ, 旅行日記]

私のおすすすめスポットは、カナダ バンクーバーのイングリッシュ・ベイです。

 バンクーバーは、『世界一住みやすい都市ランキング』で常に上位に入っている都市でもあります。

美しい大自然と、穏やかな気候でとても豊かな気持ちにさせてくれる街です。

イングリッシュ・ベイは、ダウンタウンの西側にあるビーチで、バンクーバー市民の憩いの場に

なっています。ダウンタウンからは徒歩で行くこともできます。周辺にはオープンカフェ

レストランがあり、食事をテイクアウトしてビーチで食事を楽しんでいる人もいます。

砂浜があり、犬の散歩をしたり、読書をしたり、スポーツを楽しんだりと、お子様からご年配の方まで

思い思いの時間を過ごしています。時間を気にしないで、のんびり穏やかに過ごすことができる

特別な場所です。

太陽が燦燦と降りそそぐ日中の時間帯も綺麗ですが、何といっても、夕日の落ちる時間帯が

とても素敵でおすすめです。夕陽に染まるイングリッシュ・ベイの風景は、刻々とに表情を変え、

まさに「絶景」です。

毎年夏には、花火大会が行われます。毎年、世界各地からいろいろな国が参加して週替わりで

世界各国の花火が楽しめます。その国の個性が表現されていて、日本で見る花火とはひと味違う

楽しみ方ができると思います。

バンクーバーをご旅行される時は、是非足を運んでみてください。

タヒチ・ボラボラ島の旅

掲載日時:2009年8月20日 [南太平洋・インド洋, 旅行日記]

今回は、『タヒチ・ボラボラ島』について紹介したいと思います。

日本からは、成田から毎週月曜と土曜にパペーテまで直行便が運行しており、

さらにボラボラまでは、飛行機を乗り換えて約45分、そこからさらに船で15分移動です。

 

航空会社はタヒチの航空会社のエア・タヒチ・ヌイで、エア・タヒチ・ヌイの

乗務員さんのユニフォームが南国らしい雰囲気のものなのですが、とても素敵なんです。

 

そして、機内に搭乗した際には、タヒチのお花で『ティアレ・タヒチ』という生花を一輪(?)

搭乗者全員に配られ、飛行機に乗った瞬間からタヒチモード全開という、素晴らしい機内でした。(ちなみに、飛行機の尾翼にもこのお花が描かれています。)

 

フライト時間が成田からパペーテまで11時間30分なので、

アメリカやヨーロッパ並みの長距離路線ではありますが、

機内が南国モードでしたし、エア・タヒチ・ヌイの機内設備も綺麗でしたので、

快適なフライトでした。(時差はハワイと同じで、日本時間-19時間)

パペーテには早朝4時位に到着でしたので、

その時は真っ暗な状態で、海の色も全く何が何だか・・・という感じでしたが、

その後ボラボラへ到着する頃には空も明るくなってきて、

ホテルに到着の頃にはボラボラ島の素晴らしい海の色を見ることが出来ました。

タヒチはリゾート地ですから、やっぱり海ですよね!海の美しさは素晴らしかったです!

 

タヒチの島々の中でも、やはり一番人気があるのはボラボラ島だと思います。

知名度もタヒチの中では断トツですし、何と言っても海の美しさが素晴らしいです。

タヒチは南半球にある島々なので、夜になれば、満点の星空(南十字星など)を

見る事ができます。

タヒチへは旅行代金も安くないですし、憧れのリゾート地とはいえ、ハワイのように

気軽に何度でも・・・というのは難しいかもしれません・・・。

でも、タヒチで過ごすゆったりした時間だったり、空気感などは、

忙しい日本では味わう事が出来ないものだと思いますので、

今後何かの節目の旅行などの時にでもぜひ、タヒチへの旅行をお薦めします。

 

出雲・松江縁結びツアー

掲載日時:2009年8月20日 [山陰・山陽・四国, 旅行日記]

「縁結びツアー」と称して出雲大社へ行ってきました!

 

札幌からはJALの朝一便で羽田を経由し出雲空港へ。

途中、機内より富士山を見下ろし(上から見る富士山もなかなか)旅の安全をお祈りしつつ到着です。

 

移動にオススメなのが「縁結びパーフェクトチケット」です。

バス・電車・レイクラインの3日間フリーパスで、到着後の空港から帰着日の空港まで全て利用しました。とても便利です!

 

出雲大社ではせっかくなので、ご祈祷をしました。当日の受付が可能でしたが、行事などがある場合は事前に確認をした方が良いと思います。

  

昼食は出雲大社近くで「出雲そば」をいただきました。割子そば三段にしましたが一段にさらっとしか盛られてないので五段でも食べられると思います。

その後は徒歩で「稲佐の浜」へ。絶景の夕日を眺めて1日目は終了です。

 

2日目は松江に移動し松江城、堀川遊覧船(おすすめ!)、島根和牛の昼食、塩見縄手、200810191603000明々庵にて抹茶をいただき島根県立美術館へ。

島根県立美術館のしんじ湖側から2番目のうさぎを触るとご利益があるとの噂です。しじみをお供えすると良いみたいです。(写真は一番湖側のうさぎです)

たっぷり1日観光して、しんじ湖温泉へ。

 

3日目は松江駅に荷物を預けバスで「八重垣神社」へ。

松江駅からバスで25分で行くことが出来ます。

ぜひ鏡の池占いをしてみて下さい。池に浮かべた紙の上に硬化をのせて早く沈むと早くご縁があるようです。200810200954000

 

 

 

 

 

 

出雲空港からは13時台の便で早めの帰着となりましたが、十分楽しめました。

 

 

 Page 57 of 57  « First  ... « 53  54  55  56  57